フォトアルバム

~~~~~~~~~~

  • LINK

    ■ 管理人のサイトです ■



    ◆ YAMADA塾 ◆

    ◆昭ちゃん的こころ 3◆

    ◆海辺の宝箱◆

    ◆三苫小学校◆

    -------------------------------

    ☆ ぶろぐ 海辺の散歩

    無断転載・転用の禁止

昨日まで雪が降っていましたが今日は天気が良いので立花山へ

01 なぜか撮影したくなる木Tachibana01

02 反対から見るとコブが付いています(上中央の木)Tachibana02

03 雪の山頂ですが登山者も多いですTachibana03

04 山頂の気温は1℃、風がなかったのでそれほど寒くありませんTachibana04

初山歩きは立花山・三日月山へ

002 立花山山頂からの眺めです。小呂島は見えましたが沖ノ島や壱岐は残念ながら見えませんでした。

003 山頂の気温は5℃、深呼吸すると澄んだ空気と木々が出すオーラで溜まったケガレが浄化されるようです。001

「唐津街道」を訪れてみました。

Tizu_2 

糟屋郡新宮町原上付近に残る「唐津街道」

こんな感じで数百メートル 残っています(注:旅人はイメージです)

02_2

街道から見える立花山もいい感じです。

  新年明けましておめでとうございます。

Photo

新年は健康で平和な歳でありますよう願っています。

今年もよろしくお願いします。

2018年 元旦 YAMADA

綿津見神社に初詣、神社下の海岸の木も
強風に負けず頑張っていました。
Watatumijinnjashita 

サーファー達も寒さにめげず頑張っていました。
Mitomahama0102


ウミネコも寒さにめげず頑張っていました。
Umineko_2


ずいぶん小さくなったけど赤岩も頑張っています
赤岩 2018年(平成30年) ⇔ 1985年(昭和60年)

詳しくはホームページ「海辺の散歩」の「がんばれ!赤岩」のページをご覧ください。

小呂島の見え方がいつもと違う?

三苫浜から40km沖に「小呂島」が見えますが、島が二つに別れて浮いているように見えます。

835470

写真を拡大して9月に撮った写真と比較して見ましたOronoshima2_2朝から天気が良かったので蜃気楼が立ったようです。 

栴檀は双葉より芳し(せんだんはふたばよりかんばし)

 海岸近くの三苫公園(通称カメ公園)で白い実が沢山ついた大木を見つけました。人に木の名前を尋ねると「センダン」の木と教えられました。
 ネットで検索すると 「栴檀は双葉より芳し(せんだんはふたばよりかんばし)」の「栴檀」でした。意味は「大成する者は、幼いときから人並み外れてすぐれている」とのこと、またこの諺の栴檀は白檀(ビャクダン)ともいい中国では同じ木でありますが、日本の栴檀は白檀とは異種で間違って伝えられたと説明されています。
ちょっとややこしい話でありますが勉強になりました。
Sendan1_4 Sendan2 

三苫海岸の「赤岩」の紹介です。

ブロブ版よりホームページ「海辺の散歩」に移設しました。

Photo

 赤岩 2018年(平成30年) ⇔ 1985年(昭和60年)

詳しくはホームページ「海辺の散歩」の「がんばれ!赤岩」のページをご覧ください。

相島(新宮町)へ行って来ました。

相島は朝鮮通信使関連の島でしたが、今や猫の島で海外でも有名になっています。船着き場の周辺はネコ目当ての観光客とエサをねだるネコばかり、「生態系に影響を与えるのでエサはあたえないでください」と張り紙で掲示してますが…。
島を一周(5.5km程)歩きましたが、猫の島だけに犬は一匹も見ませんでした。

鼻ぐり瀬(めがね岩)は高さ20mの海食洞で鼻面半島と共に「県指定名勝」に指名されています。

02



鼻面半島の褶曲と柱状節理です。近くで見ると圧倒されます。
04



積石塚群(国指定史跡)昔来た時より石がそれらしく積まれていました。03



相島から見た立花山05

立花山の 大つぶら・子つぶら・大一足・小一足

立花山は7つほどの峰からなる山群であり、そのうち3つの峰が目立つ。 立花山の名前はそれらの総称としても、またそのうち最高峰(367.1 m)を表すものとしても用いられている。 最高峰は井楼山(せいろうやま)あるいは本城の異称をもつ。 この井楼山北西には0.4 kmほど離れて松尾山、その西0.3 kmには白岳がある。 その他低い峰がいくつかあり、18世紀の筑前国続風土記には大ツブラ、小ツブラ、大一足、小一足といった名が与えられているのが見える。(ウィキペディアより)8_2

詳細はホームページ「海辺の散歩」に掲載しています。


下原バス停から見た 大つぶらと子つぶら
Photo


大つぶら
1000


小つぶら
1000_2

                

立花口駐車場から見た大一足と小一足Photo

大一足1000_3

小一足1000_5

馬責め馬場跡Img_3921

詳細はホームページ「海辺の散歩」に掲載しています。

皇帝ダリア

自宅の皇帝ダリアが咲きました。2年目で3mほどになっています。台風の塩害の影響で葉が枯れてしまい諦めていましたがきれいに咲きました。Photo

立花山山頂の紅葉

17 立花山登山口―三日月山ー立花山ルートで健康登山へGO!
黄砂情報が出ていて山頂からの景色は霞んでいます。
天気が良ければこの楓の向こうに沖ノ島が望めるのですが…

大分・日出(ひじ)の城下町に行って来ました。

01.日出町から見た別府湾と鶴見岳の山並み02 

02.武家屋敷の町並み05


03.隅櫓(すみやぐら)鬼門の方向の隅をカットしている。
04_2


04.日本一の蘇鉄(ソテツ)だそうです。
06


おとなりの杵築の城下町は有名ですが
、日出町は「城下カレイ」だけでなく、
城址周辺を散策すると歴史があり意外に面白かったです。

ウユニ塩湖モドキとカマキリ

三苫浜、今日は大潮05

ウユニ塩湖てきな・・・奥の島影は(=^・^=)で有名な相島
03


なぜか波打ち際にカマキリが・・・。寄生のハリガネムシが宿主の脳をコントロールして水辺に行かせるとの話もあったような・・・((+_+))
04

海辺から山辺へ 壱岐島が見えました。

台風が近づいていますが天気は持ちそうで見通しも良さそうなので、ちょっと三日月山へ健康登山Go!

Mikaduki_oronoshima3880 三日月山山頂(272m)からは小呂島が見えますが沖ノ島は右側の木に隠れて確認できません。

Mikazukiyama_iki0915namae 志賀島・玄界島の後ろ側に長く壱岐島が望めます。写真下側のパイプの並びは三日月山のシンボル的オブジェ?です。

◆ 天気はまだ持ちそうなので欲を出して1kmほど離れた立花山へGo!、こんな日に登っている物好きは誰一人いません。

Okinosima_tachibanayama09152 立花山山頂(368m)から薄っすら見えた世界遺産・沖ノ島の島影

 

0915kansei3051_2 立花山山頂からのパノラマ写真

壱岐が目視できたことは今日の大きな成果です。天気が変わらないうちにさっさと下山しました。

Tatibana_mikadukiyama0915_3          地図をクリックすると拡大表示(PDF)します

詳しくは「海辺の散歩」にアップしています。

三苫浜から見た小呂島

0902_3733

天気が良かったので海辺の散歩に出かけました。
赤岩は健在でした。

遠く沖に「小呂島」が見えました。
「沖ノ島」は相島の向こうにあり見えません。

Oronoshima

三苫浜からは小呂島が限度で、計算上でも壱岐や
沖の島は望めません。
因みに波打ち際(目の高さ1.5m)から
見える水平線までの距離は約4.7㎞です。
0901_2